あなたの1番が見つかる、おすすめ総合ポータル

現在の口コミ1000件以上!

現在の口コミ1000件以上!

カテゴリー:

永久に生えてこない?全身脱毛できる3つの方法を徹底比較

更新日:2020年03月31日

全身の永久脱毛について解説

永久脱毛と言えば、「一生ムダ毛が生えてこない」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、多くのサロンが「永久脱毛」と謳っていても、実は永久脱毛は一生毛が生えてこないというわけではありません。

永久脱毛という言葉には語弊がありますし、施術方法によって脱毛効果には大きな違いがあります。

永久脱毛の定義と、脱毛方法による効果の違い、おすすめの脱毛サロンをご紹介していきます。

全身脱毛するためのおすすめ料金プランなども解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

全身脱毛とは?永久脱毛の前に全身脱毛に含まれる部位をチェック

全身脱毛とは?永久脱毛の前に全身脱毛に含まれる部位をチェック

そもそも全身脱毛とは、どの部位のことを指すのでしょうか?

一般的に、「全身脱毛」という言葉に含まれるのは以下の部位のことです。

  • 正面
  • 両面
  • 背面
  • 両ワキ
  • えり足(うなじ)
  • 鼻下
  • 両ヒジ上
  • 背中(上)
  • 両ヒジ下
  • 背中(下)
  • 乳輪周り
  • 両手の甲
  • へそ周り
  • 両手の指
  • ヒップ
  • へそ下
  • 両ひざ上
  • ヒップ奥(Oライン)
  • Vライン(サイド)
  • 両ひざ下
  • Vライン(上部)
  • 両足の甲
  • Vライン(iライン)
  • 両足の指

サロンによっては顔とVIOゾーンに関しては全身脱毛に含まれない場合もあります。

サロンによって全身脱毛に含まれる部位が異なることがあるので、どの部位が含まれないのかの確認を怠らないようにしましょう。

永久脱毛をしたいのであれば時間もお金もかかるので、コースや期間も事前にチェックしておくことをおすすめします。

完璧に全身を永久脱毛したいなら脱毛し放題コース

永久脱毛と言っても、ニードル脱毛以外には、完全にムダ毛が生えることがストップするわけではありません。

完璧にツルツルな状態を維持したいのであれば、何度施術に行ってもお金がかからない脱毛し放題コースにするのが最もお得です。

完璧にツルツルにしたいのであれば、回数制のコースで満足できない場合に追加で施術を受けると高額になってしまいます。

お試しで脱毛したいのであれば回数制コース、完璧な状態を維持したいのであれば脱毛し放題コースと、使い分けることが大切です。

脱毛完了までの期間をチェック

「夏までに全身脱毛したい」など、目標を決めて脱毛したい時には、脱毛完了までに期間や回数をチェックすることも非常に重要です。

一般的な光脱毛の場合には、脱毛が完了するまでに12回程度は通わなければいけないと言われています。

脱毛は毛周期に合わせて行わなければ効果がないため、脱毛は2ヶ月に1回程度しか行うことができません。

すると、12回コースの場合には2年間もかかってしまうことに。

目標を決めて脱毛したい時には、あらかじめ脱毛完了までの期間を逆算し、希望する時期までにツルツルになれるサロンを選択しましょう。

なお、光脱毛は12回程度の施術が必要と言われていますが、医療脱毛は6回程度の施術で完了します。

永久脱毛とは?永久に毛が生えない訳ではない

永久脱毛とは?永久に毛が生えない訳ではない

そもそも永久脱毛とは、永久に毛が絶対に生えないというわけではありません。

永久脱毛について、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)は以下のように定義しています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

つまり、永久脱毛は、施術後に完璧に毛が生えない状態ではなく、20%以下もしくは3回の照射後に3分の1以下の毛が生えても永久脱毛に該当するのです。

永久脱毛とは、完璧に毛が生えない状態ではないということを理解しておきましょう。

そのため、「永久脱毛6回コース」などで施術を行っても、2割以下のムダ毛は生えてくる可能性があります。

全身脱毛でムダ毛を完璧に無くしたいのであれば、定期的に施術を受け続ける必要があり、そのため、「完璧にツルツルにしたいのであれば脱毛し放題コースが最もお得」になるのです。

確実に永久脱毛したいならニードル脱毛

確実に永久脱毛したいならニードル脱毛

確実に永久脱毛したいのであればニードル脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛とは、毛根に針を刺して電気を通して毛根を破壊する方法です。

そのため、他の脱毛方法よりも高い脱毛効果を期待することができ、「唯一の永久脱毛方法」とも言われます。

確実に永久脱毛をしたいのであればニードル脱毛がおすすめですが、ニードル脱毛がいまいち普及しないのはデメリットも大きいためです。

ニードル脱毛のメリットとデメリットについて詳しく理解しておきましょう。

ニードル脱毛のメリットデメリット

完璧に永久脱毛をすることができる唯一の方法がニードル脱毛ですが、ニードル脱毛にはメリットとデメリットがあります。

ニードル脱毛に申し込む前にはメリットとデメリットをしっかりと理解しておくようにしましょう。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは以下の通りです。

  • 肌色・肌質を問わずに高い脱毛効果がある
  • 毛が薄い・細い人でも脱毛効果がある
  • 脱毛の調整がしやすい
  • 顔脱毛も綺麗にできる

レーザー脱毛は毛の黒い部分にレーザーが反応して脱毛を行います。

そのため、日焼けした肌や細い毛や顔に生えている透明な産毛などには反応せず、効果が薄いことがあります。

しかし、ニードル脱毛の場合には、毛穴に針を刺して直接毛根を破壊するため、毛の太さや量を問わずに確実に脱毛することができます。

また、1本1本を脱毛することができるので、完璧にツルツルにするのではなく、毛の量を調整したい時にも効果を発揮します。

全体的に仕上がりが綺麗になるのがニードル脱毛のメリットです。

ニードル脱毛のデメリット

全身の永久脱毛を完璧にしたいのであればニードル脱毛が唯一の方法です。

毛根を直接破壊するので、毛の再生が起きることはありません。

しかし、多くの人がニードル脱毛を選択していないのには以下のデメリットがあるからです。

  • 全身に激しい痛みを伴う
  • 施術完了までの期間が長くなる
  • 料金が高額になる

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電気を通るので、施術の際の痛みはレーザー脱毛とは比べものになりません。

痛みに耐えきれずに途中で断念してしまう人もいるほどです。

また、毛穴1つ1つに針を刺すニードル脱毛は1 分間で施術をすることができるのは10本程度だけです。

両脇には約3,600本の毛が生えていると言われているので、両脇を脱毛するだけでも6時間もかかってしまい、全身を脱毛するためには2年程度は最低でもかかってしまいます。

その分料金も高額になり、サロンによっては100万円を超えることもあります。

ニードル脱毛で全身を永久脱毛できるおすすめサロン

サロン 全身脱毛料金
エステティックTBC 1本108~143円
エステティック ミス・パリ 30分7,500円
Total Beauty Fit 1分250円

医療レーザー脱毛でも永久脱毛の効果は得られる

医療レーザー脱毛でも永久脱毛の効果は得られる

医療レーザー脱毛でも、永久脱毛の効果を得ることができます。

医療レーザー脱毛は、強い照射力のレーザーを当てるので、脱毛効果の高い方法です。

医療レーザー脱毛はニードル脱毛よりも料金が安く、光脱毛よりも効果が高いという、いいとこ取りの脱毛方法ですので、全身を永久脱毛する方法として、とても人気のある方法です。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。

医療脱毛のメリットデメリット

医療レーザー脱毛も脱毛効果が高い施術方法ですが、やはりメリットとデメリットがあります。

医療脱毛のメリット

医療脱毛は主に光脱毛と比較して以下の3つのメリットがあります。

  • 短い期間で脱毛できる
  • 脱毛効果が高い
  • 肌のトラブルがあった時も安心

医師にしか使用が認められていない照射力の強いレーザーを使用するので、医療レーザー脱毛は1回の脱毛効果が光脱毛よりも高くなります。

そのため、脱毛完了までには5回〜6回程度の施術ですみます。

医療脱毛を施術するクリニックには医師が常駐しているので、もしも施術の際にお肌のトラブルがあっても適切な処置を行なってくれるので安心です。

医療脱毛のデメリット

脱毛効果が高い医療脱毛ですが、料金面などでデメリットもあります。

医療脱毛の4つのデメリットについてもよく理解しておきましょう。

  • 光脱毛よりも料金が高い
  • 施術の際には痛みが伴う
  • 白髪や産毛などには効果が薄い
  • 光脱毛よりも肌トラブルが起きる可能性が高い

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも強い照射を医師が行う施術です。

1回あたりの脱毛効果が高い代わりに、1回あたりの料金は光脱毛よりも高くなります。

施術回数は短いので全身脱毛を行うのであれば、総額は光脱毛とそれほど変わりませんが、ワキやVIOなどの部分脱毛を行うのであれば医療脱毛の方が高額になります。

また、照射力の強いレーザーを使うので、施術の際には強い痛みが伴います。

さらに、レーザーが反応しない白髪や産毛などには効果が薄く、照射力が強い分だけ肌トラブルを起こす可能性が高いというのもデメリットです。

医療脱毛で全身を永久脱毛できるおすすめサロン

サロン 全身脱毛料金
レジーナクリニック 全身脱毛ライト(顔、VIO除く)5回

18万9,000円(税込)

フレイアクリニック 全身脱毛 5回コース (顔、VIO除く)

月々5,400円(税別)

エミナルクリニック 全身脱毛 5回 (顔、VIO除く)

15万9,000円(税抜)

エステのレーザー脱毛(光脱毛)でも医療脱毛に近い脱毛が可能

エステのレーザー脱毛(光脱毛)でも医療脱毛に近い脱毛が可能

エステなどで行うレーザー脱毛(光脱毛)でも医療脱毛に近い永久脱毛のような効果を得ることができます。

ただし、光脱毛は医療レーザー脱毛とは正反対のメリットとデメリットがあります。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットについて詳しく解説していきましょう。

光脱毛のメリットデメリット

光脱毛もメリットとデメリットがはっきりと分かれています。

光脱毛のメリット・デメリットについてもよく理解しておきましょう。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは以下の5つです。

  • 1回あたりの施術の料金が安い
  • 痛みが少ない
  • 肌のトラブルを起こしにくい
  • 自己処理が楽になる
  • 肌が綺麗になる

照射力の弱いレーザーを時間をかけて照射するのが光脱毛です。

そのため、痛みが少なく、肌のトラブルは他の施術方法に比べて起きにくくなります。

また、1回あたりの料金は医療レーザー脱毛と比較して3分の1程度で済みます。

光脱毛のレーザーはしみやそばかすを除去する効果もあるので、肌が引き締められ、全体的に毛が薄くなるので、肌が綺麗になるという効果もあります。

光脱毛のデメリット

光脱毛にはデメリットもあります。

  • 施術完了までに時間がかかる
  • 毛根を破壊する永久脱毛はできない
  • 産毛や白髪に対しては効果が薄い

弱いレーザーを照射するので、施術完了までには12回以上通わなければなりません。

そのため、結果的には脱毛が完了するまでの総額は医療脱毛よりも高くなってしまうこともあります。

さらに、毛根を破壊する脱毛は光脱毛では認められていません。

毛根は残っているので、施術後もまた毛が生えてきますが、徐々に細く弱々しいものになります。

また、照射力が弱いので、白髪や産毛などのレーザーが反応しにくい毛には効果が見られないこともあります。

光脱毛で全身脱毛できるおすすめサロン

サロン 全身脱毛料金
キレイモ  248,400円(通い放題)
銀座カラー 93,000円(6回)
LACOCO 324,000円(18回)

全身の永久脱毛ならニードルか医療脱毛がおすすめ

全身を永久脱毛したいのであればニードル脱毛や医療脱毛がおすすめです。

ただし、これらの施術方法には痛みが伴い、料金も安くはありません。

光脱毛では永久脱毛はできませんが回数を重ねることで効果はあるので、全身を永久脱毛したいのであれば、メリットとデメリットをよく理解した上で最適な脱毛方法を選択するようにしましょう。

著者

この記事を書いた人

クチコミ.com編集部

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!

著者

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!