あなたの1番が見つかる、おすすめ総合ポータル

現在の口コミ1000件以上!

現在の口コミ1000件以上!

カテゴリー:

VIO脱毛前に行うべき正しい自己処理とは?|シェービング料金無料の脱毛サロン・クリニックも紹介

更新日:2020年04月14日

vioおすすめデザイン

女性に人気のVIO脱毛。日頃のVIOラインのムレや清潔感が気になる方におすすめの脱毛部位ですが、サロンやクリニックで脱毛を受ける前には自己処理をする必要があります。

「初めてのVIO脱毛だからどうしていいか分からない…」

「理想のデザインに仕上げたいんだけど、そのためには自己処理の方法も変わるの?」

そんな疑問を抱えるあなたに、理想のVIO脱毛を叶えるための事前処理の方法をご紹介します。

どうしてVIO脱毛の前に自己処理する必要があるの?

脱毛サロンやクリニックで脱毛を受ける前に、必ず自己処理するようにスタッフに案内されます。

とくにVIOは、できるだけ丁寧に自己処理をしなければなりません。

ただでさえ面倒に感じてしまう自己処理を、どうして脱毛前にしなければならないのでしょうか?

やけどなどの肌トラブルのリスクを下げるため

脱毛前の自己処理は、やけどなどの肌トラブルのリスクを下げるために必要な準備です。

脱毛で照射する光やレーザーは、毛根部分のメラニン色素に対して熱が発生します。

自己処理をしておけば毛根部分のみに反応しますが、ムダ毛が伸びたまま施術をしてしまうと、皮膚上に出ている毛も熱が発生するため、皮膚がやけどしてしまう可能性があるのです。

やけどだけでなく、かゆみや赤みのリスクも高くなります。

そのため、脱毛前には必ず自己処理をしなければならないのです。

施術時間を短縮するため

脱毛前の自己処理は、施術時間を短縮するためでもあります。

施術時に自己処理が甘い状態だと安全に脱毛できなので、照射前にムダ毛を剃ってもらうことになります。

そうなると、剃毛時間+照射時間がかかるので、通常より時間がかかってしまいます。

短時間で施術を終わらせるためにも、自己処理は念入りにしておきましょう!

費用負担を少なくするため

脱毛費用の負担を少なくするために、自己処理はしっかりしておきましょう。

サロンやクリニックによっては、剃毛代が都度かかってしまう場合があります。

一度くらいかなそれほど負担にはなりませんが、毎回剃ってもらうとかなりの金額がむだになってしまいます。

手の届く範囲は、丁寧に自己処理して追加料金がかならないように対策しておくといいですよ!

VIOの自己処理は電気シェーバーを使う

 

VIOの自己処理は電気シェーバーを使う

VIOの自己処理は、電気シェーバーを使うのがおすすめです。

VIOか顔専用の電気シェーバーを使用するといいでしょう。

肌へのダメージが全くないわけではないですが、カミソリを使うより刺激が少なく安全です。

ただ、電気シェーバーでも正しく使用しないと、肌トラブルの原因になります。

安全に脱毛施術を受けるためにも、正しい自己処理の方法を押さえておきましょう。

VIO脱毛前の正しい自己処理とは?

VIOは、身体の中でもデリケートなパーツです。

そのため誤った自己処理をしてしまうと、怪我をしたり肌トラブルのきっかけになってしまいます。

少しでも脱毛の痛みを少なくするためにも、正しい方法で自己処理をしてくださいね!

VIOの自己処理に必要なもの

まずは、自己処理の前に以下のアイテムを準備しましょう。

  • 電気シェーバー
  • 眉ハサミ
  • ビニール袋またはバスタオル

眉ハサミは、剃る前に伸び丈をカットするために使います。

ビニール袋やバスタオルは、自己処理をする際に身体の下に敷いておきましょう。

VIOを自己処理する際の安全な体勢

VIOの自己処理はなかなか難しく、自分の目には届きにくいパーツです。

Vラインはどの体勢でも処理しやすいですが、IラインやOラインは鏡を使って安全に行いましょう。

Iラインの自己処理は、鏡を前に置いて開脚します。

鏡を見たり上から見るなど、粘膜に当たらないように注意して行いましょう。

Oラインは、上向きに鏡を置きます。

鏡にまたがるように座り、鏡を使って目視しながら電気シェーバーで処理します。

肛門周りを傷つけないように、慎重に毛を剃ってみてください!

VIOの正しいシェービング方法

続いてVIOの正しいシェービング方法を解説します。

VIOのシェービングは3つの手順で進めましょう。

  1. 長い毛はあらかじめカットする
  2. 電気シェーバーを使って処理する
  3. シェービング後は保湿する

デリケートゾーンを傷つけないように、順番にチェックしておきましょう。

長い毛はあらかじめカットする

まず、長い毛がある場合はあらかじめカットしましょう。

長い状態で電気シェーバーを当てると、刃に毛が絡まって剃りにくいです。

伸びている毛は眉ハサミでカットしてから、シェービングを行うようにしてください。

電気シェーバーを使って処理する

伸びている毛をカットしたら、電気シェーバーを使って処理しましょう。

剃るときは、必ず生えている毛の方向に沿ってシェービングします。

毛の流れに逆らってしまうと、皮膚に傷をつける可能性があります。

毛の生えている方向を確認しながら、丁寧に処理してください。

シェービング後は保湿する

シェービングが終わったら、必ず保湿するようにしましょう。

電気シェーバーで処理しても、全くダメージがないわけではありません。

ローションや保湿クリームを使って、丁寧に保湿してください。

Vラインのデザインで変わる自己処理の範囲

Vラインのデザインで変わる自己処理の範囲

脱毛前の自己処理は、Vラインのデザインによって方法が異なります。

カウンセリング時にデザインを決めておき、そのデザインに合わせて毛を剃るようにしましょう。

Vラインの形を整えたい場合

Vラインの形を整えたい場合は、希望のデザインに合わせて自己処理します。

Vラインのデザインで人気があるのは、水着や下着からはみ出ない逆三角形や丸みを帯びた卵型などさまざま。

事前のカウンセリングで聞かれると思うので、スタッフの指示通りに処理しましょう。

Vラインの毛量を全体的に抑えたい場合

Vラインの毛量を全体的に抑えたい場合は、最初は毛を全剃りします。

その後は、施術後の状態を見ながら自己処理の回数やバランスを観察するようになります。

スタッフの人と相談して、自己処理の回数や範囲は決めるようにしましょう。

Vラインを全てなくしたい場合(ハイジニーナ)

ハイジニーナは、VIOの毛が全くない状態。

Vラインの毛を全てなくしたい場合は、施術前に毎回全剃りしましょう。

自己処理の回数は、Vラインの脱毛が完了する回数。

毎回剃るのは面倒だと思いますが、ハイジニーナにしたいなら丁寧に自己処理するよう心がけてください。

実は間違ってる?VIOの間違った自己処理

今まで正しいと思っていた自己処理が、実は適切な方法ではないこともあります。

自分が行っているVIOの自己処理が正しいか、改めて確認してみましょう!

毛抜きでVIOを処理するのはNG

毛抜きによる脱毛は肌に強い負担をかけるのでNGです。

部位を問わず、毛抜きの使用は避けるべきですが、デリケートなVIOの場合はなおさら。

神経や毛細血管が集まる毛乳頭と呼ばれる部分から毛根を引きちぎるため、出血や炎症を起こすリスクが考えられます。

傷の修復の際に毛穴が塞がれてしまうことがあり、埋没毛になったり、毛嚢炎を引き起こす可能性も考えられます。

よっぽど特別な理由が無い限りは、毛抜きによるVIOのお手入れは控えましょう。

カミソリでVIOを処理する際は慎重に

カミソリは安価なお手入れ方法ですが、VIOなどのデリケートゾーンを処理する際は、細心の注意を払ってください。

VIOは全身でも特に見えづらい部位のため、カミソリ負けによって肌を傷つけてしまう可能性も高いです。

また、カミソリによるお手入れ後は肌がとても乾燥しやすくなるので、低刺激の保湿ローションなどを使用して、しっかりとアフターケアをするようにしましょう。

除毛クリームでVIOを処理するなら保湿がマスト

除毛クリームでVIOを処理する際は、処理後の念入りな保湿が必須です。

除毛クリームは低刺激の成分で作られているものが多いですが、敏感肌で無い人も体調やお肌の状態によっては荒れてしまうことがあるので、事前にパッチテストをすると安心して使うことができます。

使用前は余分な水分をしっかり拭き取り、お肌を清潔にしてからムラなくクリームを塗るようにすると、きれいに処理をすることができます。

VIOを自己処理する際の注意点

VIOを自己処理する際の注意点をまとめました。

処理のタイミングや、心がけるポイントを解説します。

できるだけ自己処理は入浴後に行う

VIOの自己処理をするタイミングとしては、入浴後がベストです。

デリケートゾーンをシェービングする際はお肌を清潔な状態にして、温めておくことが大切。

お風呂でしっかりと温めておくことで通常よりも肌が柔らかくなり、丁寧な自己処理が可能になります。

皮膚を優しく引っ張りながら処理する

VIOを処理する際は皮膚を優しく引っ張りながら処理することで、剃り残しなくお手入れをすることができます。

サロンやクリニックでVIO脱毛をする場合、剃り残しがあると追加料金をとられてしまう場合もあります。

なるべくお得に脱毛を済ませたいなら、丁寧に自己処理を済ませてからVIO脱毛の施術にのぞみましょう!

シェービングサービスのある脱毛クリニック3選

vio脱毛おすすめクリニック

脱毛サロンやクリニックの中には、剃り残しがあった場合に無料でシェービングを対応してくれるお店があります。

シェービングサービスはあくまで「剃り残し対応」なため、自己処理することが前提ではありますが、もし剃り残しがあっても、追加料金がかからないのはとっても安心ですよね。

剃り残しシェービングサービスを実施しているおすすめ脱毛クリニックをご紹介します。

リゼクリニック

リゼクリニック

リゼクリニックは追加料金不要

剃り残しのシェービングのみでなく、カウンセリング料や予約キャンセル料といった各種料金の無料保証をおこなっているのがリゼクリニック。

自己処理がきちんとできているのか不安な人は、リゼクリニックを選ぶことをおすすめします。

ただ「剃毛料無料」といっても、もちろん自己処理が前提となるので「シェービングしなくてもいいわけではない」点には注意しましょう。

 

レジーナクリニック

 

レジーナクリニック

レジーナクリニックは「脱毛コース以外の料金がかからない」ことを掲げる脱毛クリニック。

剃り残しに対しても、公式サイトで下記のように明示されているため、自己処理に不安が残る女性も安心して脱毛を受けることができますね。

ご来院前にご自身で行っていただくシェービング(施術部位の自己処理)で手の届かない部位などを剃り残してしまった場合には、当院にて無料でシェービングを行うことができますので、シェービング料金が追加で発生することもありません。

レジーナクリニック 公式サイトより引用

VIOラインの毛は体毛の中でも太くて濃いため、脱毛サロンではなく、クリニックで施術を受けた方がより効果的。

VIO脱毛のクリニックとして、ぜひレジーナクリニックを選択肢の1つに入れてみてください。

フレイアクリニック

フレイアクリニック

フレイアクリニックは、手が届かず自己処理できない部位のシェービングを無料でおこなってくれる脱毛クリニックです。

VIOの中だと、自身でお手入れすることが難しいOラインなどが該当するでしょう。

そのほか、解約手数料やカウンセリング、肌トラブルが起きた際のケアも無料でカバーしてくれるため、追加費用がかかる不安なく脱毛を受けることができますね。

正しい自己処理で理想的なVIOに近づけよう!

vio脱毛を理解する

正しく、丁寧にVIOの自己処理をおこなうことで、VIO脱毛はより効率的に進めることができます。

もし自分だけでは自己処理をすることが難しければ、脱毛サロンやクリニックで実施している無料のカウンセリングを受けるのも一つの手段。

困ったときはプロの手も活用して、あなたも理想のVIOラインを手に入れましょう!

著者

この記事を書いた人

クチコミ.com編集部

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!

著者

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!