あなたの1番が見つかる、おすすめ総合ポータル

現在の口コミ1000件以上!

現在の口コミ1000件以上!

カテゴリー:

ヒゲ脱毛は痛いのか?ヒゲ脱毛の種類と痛くない方法を紹介!

更新日:2020年04月13日

ヒゲ脱毛の痛み

男性の中には、毎日のヒゲのお手入れが面倒くさい、と感じている方も多いでしょう。そういった方の中には、髭を脱毛しようと考えている方もいるかもしれません。

しかし、髭の脱毛の種類はたくさんあり、脱毛には痛みを伴うということを聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか?

本記事ではヒゲの脱毛方法の種類や痛みを伴う理由、痛みを軽減させる方法などを紹介していきます。

 

ヒゲ脱毛は痛い?痛みを感じる理由とは

ヒゲの脱毛は普通の脱毛と比べて、痛みが強いといわれています。どうしてヒゲの脱毛は痛いのでしょうか?

ここではヒゲ脱毛に関する悩みや、ヒゲの脱毛が痛い理由を詳しくみていきます。

ヒゲ脱毛の悩みは肌荒れや黒ずみ

ヒゲの脱毛の悩みに関しては以下のようなことが挙げられます。

  • 肌荒れ
  • 黒ずみ
  • 脱毛すると金額が高い
  • 脱毛する期間が長い
  • 脱毛に伴う痛みが不安

ヒゲ脱毛をする場合、肌質や敏感さによって痛みの度合いが違います。肌が敏感な方は脱毛の際に痛いと感じることが多いでしょう。

肌荒れや黒ずみで悩んでいる方は、ヒゲ脱毛後のケア次第では改善することができます。ヒゲ脱毛をすることにより、ムダ毛がなくなり肌がつるつるになるのでお手入れがしやすくなる為です。

また、肌質によっては脱毛のダメージにより、脱毛後に肌荒れが起こる場合もありますので、その際はヒゲ脱毛をしたクリニックに相談をすると良いでしょう。

ヒゲ脱毛において毛が濃い人は痛みが強い

毛が濃い人は、メラニンに反応するタイプの脱毛器具を使用すると、強い痛みを感じる場合があります。毛の太い部分にチクッとした痛みを感じ、火傷のリスクも上がります。

また、肌が弱い方や光に敏感な方も、脱毛の際の痛みが強くなる傾向にあります。そういった方は、自分に合った脱毛方法を相談し検討するようにしましょう。

痛さを軽減するためには、脱毛器との相性も大切です。脱毛器によっては脱毛効果に個人差が出てきてしまい、施術の際にやけどや赤みなどの症状が出てしまう場合もあります。

ヒゲ脱毛のリスクや効果について不安な方は、事前にスタッフの方に相談して、なるべく自分に合う脱毛方法を選ぶようにしましょう。

ヒゲ脱毛の方式によって痛みに違いはある?

髭脱毛の方式は1つではありません。家庭でもできる簡易的なものから、医療クリニックで受けるレーザー脱毛まで、様々な脱毛の方式があります。

ここでは、それぞれの脱毛の公式を詳しく説明していきます。

家庭用の脱毛器でヒゲ脱毛をする方法

家庭での脱毛器の中には、毛を焼くタイプと毛を抜くタイプと光脱毛タイプの3つがあります。

毛を焼くタイプの脱毛器は、家庭でも使用することのできる出力の少ない脱毛器が販売されています。

毛を抜くタイプの脱毛器は、綺麗に毛の処理をすることができます。しかし、永久脱毛ではないので、一定の期間が過ぎると毛が生えてきます。

光脱毛タイプの脱毛器は光照射で処理します。レーザー脱毛に比べ効果は劣り、永久脱毛ではありません。

上記の3つのタイプのどれも、脱毛サロンや医療クリニックと比べ、照射のパワーが弱いので脱毛効果は薄くなります。

光脱毛でヒゲ脱毛するとあまり痛みを感じない

光脱毛は、脱毛効果のある光を照射して毛を脱毛していく方法です。エステや脱毛サロンで行っている脱毛方法で、火傷を避けるために低出力で光を照射することになります。

照射のパワーが低いので脱毛完了までにかなりの日数がかかり、ヒゲが濃い人では2年ほどかかる場合もあります。

しかし、他の脱毛方法と比べて痛みは少ないので、痛みを抑えて脱毛したいという方にはおすすめの脱毛方法となります。

ヒゲ脱毛の場合ニードル脱毛は痛みを伴う

ニードル脱毛は別名として針脱毛と呼ばれています。毛穴に針を挿入し、電気を流すことによって脱毛する方法です。

脱毛効果は高く確実に脱毛することができます。しかし、他の脱毛と比べて痛みを伴うため、痛みに弱い方や肌が敏感な方にはおすすめできません。

針を刺したところにはヒゲは生えてこないので、ヒゲの一部だけをどうしても短期間でしっかり脱毛したいという方には向いている脱毛方法です。

レーザー脱毛でヒゲ脱毛すると効果が高い

レーザー脱毛とはその名の通りレーザーで脱毛する方法です。レーザー脱毛は医療行為となっているため、医師免許を持つクリニックにおいて、医師の指導の下でないと施術することができません。

レーザー脱毛は、一般的な脱毛方法の中ではよく使用されている脱毛方式となります。クリニックでの施術となるので、脱毛後に後遺症があったとしても、適切な処置を受けることができます。光脱毛よりも効果が高いので回数も少なく期間も短いことが特徴です。

最近では痛みの少ないレーザー脱毛器も増えてきており、気軽にレーザー脱毛を受けることができます。

ヒゲ脱毛の痛みを感じにくいレーザー脱毛機はある?

ヒゲのレーザー脱毛は痛いといったイメージが強いです。しかし、最近ではレーザー脱毛器も進化しており、痛みの少ない脱毛器もたくさん存在します。

ここでは、クリニックで使われている主な脱毛器の種類や、その特徴を紹介していきます。

ダイオードレーザーはヒゲの永久脱毛が可能

ダイオードレーザーは、永久脱毛の効果が高いレーザー脱毛器だといわれています。肌に直接光を照射することで、毛や毛根、皮脂腺が破壊されて、毛が生えてこなくなるといった仕組みの脱毛器です。

毛の生える周期に合わせて複数回照射することで、永久脱毛することができます。

アレキサンドライトレーザーはヒゲ脱毛の威力が強い

日本で最も使用されている脱毛器がアレキサンドライトレーザーとなります。ジェルを塗る必要がないため脱毛時のヒヤリとした感覚がないおすすめの脱毛器です。

メラニンに反応する仕組みで、より黒く太い毛を脱毛することができます。ニキビの跡や肌荒れにも効果があるので、脱毛後の美肌効果に期待できます。

また、威力も高いため少ない回数で効果的に脱毛することが可能です。しかし、痛みも強いので使用する際にはスタッフの方のカウンセリングを受けましょう。

メディオスターはヒゲ脱毛のリスクが少ない

メディオスターは最新の脱毛機器となっています。日焼けしている人や、毛が細く薄い人にも施術することが可能で痛みも少ないです。

日本でメディオスターを導入しているクリニックはまだ少ないですが、冷却機能が付いているためやけどのリスクもかなり軽減できます。

ヒゲ脱毛の痛みを軽減する方法

ヒゲ脱毛をする際に、痛みを軽減する方法はどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、髭脱毛をする際の痛みを軽減する方法を紹介していきます。

ヒゲ脱毛の痛みを軽減させるためにヒゲを綺麗に剃ろう

メラニンに反応するタイプの脱毛器具を利用する場合は、黒いものに反応しやすいため、しっかりと髭を剃っておきましょう。

脱毛の1時間から2時間前くらいに髭を剃ることをおすすめします。

また、スキンケアをして肌の状態を保っておくことも大切です。化粧水や乳液などで保湿することにより痛みも違ってきます。また、日焼けするようなスポーツなどは避けましょう。

どうしても痛みに耐えられない場合は、麻酔を使うという方法もあります。麻酔は自分ではできないので、施術を受けるクリニックに相談してみましょう。

ヒゲ脱毛でどうしても痛くて耐えられないときは麻酔を使おう

髭脱毛の際に使用する麻酔には3種類の方法があります。皮膚に直接塗って外部から感覚を麻痺させる方法や、注射やガスの吸い込みで内部から感覚を麻痺させる方法などです。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 麻酔注射

笑気麻酔とは窒素と酸素を混ぜたガスでの麻酔方法です。脳の働きが抑えられボーっとする感覚となります。

痛みが強い脱毛部位では、笑気麻酔をすすめられることが多くなります。

ヒゲ脱毛で進められることが多いのが、麻酔クリームとなっています。施術の1時間前くらいから塗りだんだんと感覚を麻痺させるタイプの麻酔です。

また、アレルギーが無い方の場合は、注射を用いて体の中から麻酔をかけることもあります。何度も注射を打つ必要があるため、基本的には顔の施術では行いません。

麻酔にもそれぞれ特徴がありますので、どうしても痛みが我慢できない方はスタッフの方に相談してみましょう。

ヒゲ脱毛は痛いがうまく対処すれば痛みを軽減できる

ヒゲ脱毛は他の部位の脱毛と比べて痛みを伴う場合が多いです。特に毛が濃い人の方が痛みを強く感じる場合が多いので、そういった方は痛みを軽減するための工夫が必要となってきます。

痛みを軽減するためには、脱毛の前にしっかりと髭を剃っておき、肌の状態を保っておくことが大切です。また、施術前に日焼けをするようなスポーツなどは避けましょう。

どうしても痛みに耐えられない場合は、麻酔を使うといった方法も考えられます。麻酔を使う場合は医師の指導のもとに行うことになりますので、事前にクリニックのスタッフの方に相談しましょう。

医療クリニックで行うレーザー脱毛は、効果も高く少ない回数で脱毛の実感を得ることができます。医師の指導のもと行う医療脱毛なので、施術後の肌のトラブルにもしっかりと対応してもらうことができ、安心して脱毛を行うことができます。

ヒゲを剃るのが面倒だ、ヒゲ剃り後の肌トラブルが嫌だ、というような悩みを持っている方は医療脱毛を視野に入れて一度相談してみるのも良いかと思います。

 

 

著者

この記事を書いた人

クチコミ.com編集部

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!

著者

ステマややらせを一切排除した口コミを用いながら人気のおすすめ商品やサービス、店舗などを幅広くご紹介します。また、「クチコミ.comでしか見ることができない」記事コンテンツも多くご提供していますのでぜひご覧ください!