永久脱毛の相場はいくら?医療脱毛の方法別に解説!おすすめの脱毛クリニックも併せて紹介

永久脱毛ランキング

 

美しい容姿を目指す人、日々のムダ毛処理から解放されたい人など、憧れる人が多い永久脱毛。しかし、まとまった情報がなく、「永久脱毛の値段は大体いくらかかるのだろう」と疑問に思う人も多いでしょう。

そこで今回は、「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」など方法別の永久脱毛の値段や、部位別による永久脱毛の値段といった相場をお伝えするとともに、オススメの脱毛クリニックを紹介していきます。

値段相場を包括的にまとめた内容としているので、ぜひ永久脱毛をする際の参考にして下さい。

そもそも永久脱毛とは

女性の脚、レーザー脱毛中のプロの美容クリニックの女性 Premium写真

永久脱毛を言葉通り解釈すると、「永久に毛が生えてこないよう除去する」という意味になりますが、決して一生毛が生えてこないではありません。日本国内では、永久的な減毛を永久脱毛と考えられていますが、脱毛業界では、米国の政府機関である食品医薬品局(FDA)が決めた定義を適用することが多いです。

FDAの定義

FDAによると、永久脱毛の定義は、「一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間減少し、その状態が長期間に渡って維持されること」とされています。

数字上では、1つ目は「最後の脱毛から1ヶ月後、毛が再び生えてくる確率が20%以下であること」、2つ目は「3回の脱毛施術後、6ヶ月が経過した時点で毛の3分の2(67%)以上減少していること」と定義されています。

永久脱毛は医療脱毛でしか受けられない

フラッシュを肌に照射して脱毛を図る光脱毛や、ローラー式の脱毛器を使った自己処理脱毛クリームなど、様々な脱毛方法がありますが、永久脱毛の定義に当てはまるのはレーザー脱毛かニードル脱毛しかありません。この2つの種類の脱毛方法は医療脱毛と呼ばれ、専門医師がいる医療機関でしか受けることができません

なお、レーザー脱毛とニードル脱毛は次のような定義となっています。

レーザー脱毛…光を照射することで毛根や周辺組織にダメージを与え脱毛する方法

ニードル脱毛…絶縁針(または電気針)を毛穴に挿入する脱毛方法

次章では、医療脱毛に分類されるレーザー脱毛とニードル脱毛のメリット、デメリットについて解説していきます。

レーザー脱毛とニードル脱毛、それぞれのメリット、デメリットとは?    

美容室でのレーザー脱毛と美容。脱毛の手順。レーザー脱毛、美容、スパ、脱毛 Premium写真

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛は、特殊なレーザーを肌に照射することで、毛が生えなくなるよう脱毛処理する施術です。

レーザー脱毛の仕組みを具体的に説明すると、レーザーを肌に照射した際に発する熱が、毛根にある毛を生やす細胞を破壊。毛の根元が破壊されると、残った毛は1〜2週間ほど経つと自然に抜け落ちます。発毛組織が破壊された毛穴からは、毛が再生することがなく、永久脱毛を実現する仕組みとなっています。

 

レーザー脱毛のメリット

 

レーザー脱毛は、以下のようなメリットがあります。

・脱毛効果が高く、永久脱毛が可能

・脱毛効果が高いため脱毛完了までの期間が短く、通院回数が少なくなる

・一度に広範囲で短時間の脱毛ができる

・高い脱毛効果から、少ない人で3回ほど、通常でも5~ 6回の脱毛回数で満足できる

・毛の量が多い、剛毛などの場合は特に効果を実感しやすい

・厚生労働省が許可したレーザー医療機器なので安心・安全。医療機関なのでもしもの肌トラブルにもすばやい対応が可能

レーザー脱毛のデメリット

メリットが多いレーザー脱毛ですが、デメリットもあります。

・除毛や減毛を目的とするサロンの光脱毛よりも痛い(痛みの感じ方には個人差あり)

・自費診療の医療行為なので、保険適用されず、1回あたりの料金がやや高くなる

・レーザーの出力が強いため、やけどなど肌トラブルを引き起こすリスクがある

・黒い色素に反応するため、白髪やうぶ毛には効果がない場合もある

・医療脱毛は特に紫外線に注意が必要となる

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は名前の通り、特殊な電気針を使用する脱毛方法です。レーザー脱毛や光脱毛は脱毛器で光を照射しますが、ニードル脱毛は1つ1つの毛穴にニードルを挿入する施術となっています。

ニードル脱毛はただの針ではなく、電気を流すことができる電気針。毛穴に挿入後、電気や高周波が流れるため、それが毛根にダメージを与え、毛乳頭という毛を作る細胞を破壊し、毛を生えなくさせる仕組みとなっているのです。

ニードル脱毛は複数の方法に分かれており、針から微弱な電流を直逆流する「電気分解法」、高周波の電気を流す「フラッシュ法」、それらを組み合わせた「ブレンド法」、麻酔を使用する「絶縁針脱毛」の4つがあります。

 

ニードル脱毛のメリット

 

ニードル脱毛は以下のようなメリットがあります。

・毛穴に直接針を通すため、肌の色に関わらず一定の脱毛効果が期待できます。

・毛の太さや色素に関わらず脱毛を行うことができる

・完全に毛を無くすのではなく、毛量を調整したい場合に効果的

・毛の色に関係なく確実に脱毛の効果が得られるので、フェイスゾーンの脱毛に最適

・毛が毛穴からなくなるので、カミソリで処理した肌と比べ物にならないほど綺麗になる

 

ニードル脱毛のデメリット

 

ここまでメリットを挙げてきましたが、デメリットも存在します。

・毛穴に直接針を刺すため、光脱毛やレーザー脱毛と比にならないほどの痛みを感じる

・1分間に施術できる本数が10本と少ないため、施術時間がかかる

・1つ1つの毛穴に施術していくため、費用が高額になる

レーザー脱毛とニードル脱毛の価格相場

毎月の費用とクレジットカードの借金を計算する人を閉じます。 Premium写真

レーザー脱毛、ニードル脱毛、両方のメリット、デメリットを紹介してきました。気になる価格相場ですが、どのようになっているのでしょうか。脱毛方法を含めて、価格や効果を一覧にしてみました。

項目 レーザー脱毛 ニードル脱毛
脱毛方法 毛根を刺激して脱毛する 毛穴に針を刺して脱毛する
料金 全身1回当たり54000円 全身1回当たり100万円
回数 8〜10回 1回
料金 43〜54万円 600万円以上
痛み 少し痛い〜痛い かなり痛い
永久脱毛 できる できる

永久脱毛は、効果が高ければ高いほど値段が高くなる傾向がありますが、値段に関しては、ニードル脱毛が圧倒的に高い結果になっています。

安定して減毛を図りたい人はレーザー脱毛。採算度外視で、脱毛していきたい人は、ニードル脱毛を選んでみてはどうでしょうか。

部位別の医療脱毛の相場

レーザー脱毛とニードル脱毛を含めた医療脱毛の相場を次の通りです。

部位 価格帯(5回) 相場(5回)
全身 15〜30万円 20万円
VIO 5〜16万円 9万円
5000円〜2万円 1万7000円
9〜13万円 10万円
7〜9万円 7万円
4〜18万円 9万円

*全身は顔、VIOを含まない価格です。

*相場は人気クリニックの中央値です。

医療脱毛を手掛けるクリニックの料金比較表

永久脱毛ができる医療脱毛の価格相場をまとめましたが、クリニックによって料金を様々。

人気クリニックの中でも主要4社の医療脱毛の料金をまとめてきました。

クリニック 料金(全身8回)*顔・VIOを除く 単価(8回で割った値段)
エミナルクリニック 263500円 32937円
フレイアクリニック 268000円 33500円
レジーナクリニック 302400円 37800円
クレアクリニック 315360円 39420円

人気クリニックの中央値と比べ、若干料金相場が高い結果となりました。続いては、注目度が高い個別のクリニックのサービスの内容を紹介していきます。

エミナルクリニック

 

 

 

 

 

 

 

🖋おすすめポイント

 

・月々5,400円から医療脱毛が出来る

・毎月通えるので最短5ヵ月の脱毛完了を目指せる

・最新式の痛みが少ない脱毛機を使用

 

エミナルクリニックは、高い脱毛効果を持つ熱破壊式と痛みの少ない施術が可能な蓄熱式の両方を同時に照射できる最新の医療脱毛機を使用しています。複合的な機能で部位ごとに肌質や毛質に合わせての施術が行なえるため、効率的に脱毛を進めることが可能です。

また、施術間隔も短く、毎月通うことができるため、脱毛完了までの期間は最短5ヶ月。施術料金も脱毛クリニック最安値レベルなので、全身5回コースが分割払いなら月々5400円からと気軽に始められる価格帯です。

フレイアクリニック

🖋おすすめポイント

 

・月々5,400円で医療脱毛が可能

・痛みが少ない脱毛器を使用!痛みが弱い人も安心

・日焼けや褐色肌の人も安全に脱毛が出来る

 

フレイアクリニックは月額5,400円で医療脱毛が出来るため、まとまった脱毛施術の料金を用意できない人も、無理せず通うことが出来ます。蓄熱式脱毛器を使用しており、最短8ヵ月で脱毛完了が目指せるので、永久脱毛を早めに終わらせたい人にオススメです。

さらに、独自の予約システムを取り入れているので、スムーズに予約を取ることが出来ます。新宿や銀座など都心に展開していますが、どちらも駅から近い立地にある上、営業時間も21時までなので、通勤・通学帰りに立ち寄りやすいところも魅力的です。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

🖋おすすめポイント

 

・脱毛完了までの期間が短い

・キャンセル料、シェービング代などの追加料金が0円

・希望に応じて無料で表皮麻酔を実施

 

レジーナクリニックでは、メラニン色素ではなく毛包に反応する脱毛器を使用。毛周期に関係なく施術を行うことが可能です。
そのため、施術を行った後に毛周期の関係で2~3カ月待つことなく、次の施術を行うことができます。他のクリニックでは全身脱毛5回で1年位の期間が必要になりますが、施術間隔の短さから、約8カ月で5回分の全身脱毛を完了させることが可能です。
レジーナクリニックでは初診・カウンセリング料、キャンセル料、シェービング代などの追加料金が一切かかりません。万が一施術が原因で肌トラブルが発生した際も、治療や薬にかかる料金、追加照射代などもすべて無料となっています。

クレアクリニック

クレアクリニック

🖋おすすめポイント

 

・アーユルヴェーダオイルを使用したアフターケアを実施

・完全個室でプライバシーに配慮した造り

・無料保証が充実

 

クレアクリニックでは、全身脱毛コースが圧倒的な人気を誇ります。対象となる部位など特徴が異なる4種類の全身脱毛コースを展開しているため、個人のニーズに合わせて最適なプランを選ぶことができます。

また、クレアクリニックでは、アフターケアやプライバシーに配慮した設備が充実医療脱毛の施術後に、毎回炎症止めの薬の処方を行っているほか、脱毛後の肌を守るための保湿ケアとして、「KAMAアーユルヴェーダ」という100%ナチュラルのオイルでアフターケアを行っています。

一方、設備面では、カウンセリングルーム、施術ルーム、メイクルームをすべて完全個室とし、プライバシーに配慮した造りに設計。加えて、リラックスして施術を受けてもらえるよう、クリニック内は自然素材から抽出しているKAMAのアロマオイルがたかれています。これらのオイルはリラックス効果だけでなく、痛みを和らげてくれる効果も期待できるとされています。

脱毛サロンでも永久脱毛に近い形にすることは可能

さて、ここまで医療脱毛の料金相場やオススメのクリニックを紹介してきました。

しかし、脱毛サロンの除毛・減毛・抑毛行為であっても繰り返し脱毛を行うことで、永久脱毛に近い形にできることはご存知でしょうか。

脱毛サロンの価格相場や特徴を知っておいても損はありません。

それでは、脱毛サロンで永久脱毛に近い効果が出る値段を見ていきましょう。

脱毛サロンでの光脱毛の相場

部位 自己処理いらず 永久脱毛完了
7〜9万円(10〜12回) 10〜13万円(15〜18回)
VIO 9〜11万円(11〜12回) 13〜15万円(14〜16回)
13〜16万円(8〜10回) 16〜20万円(10〜12回)
15〜19万円(8〜10回) 19〜23万円(10〜12回)
3〜3.5万円(11〜12回) 4〜5万円

脱毛サロンで多くの場合、フラッシュのような光を肌に当てることで、毛根にあるメラニンに効果を発揮する光脱毛の方法が取られています。

脱毛サロンで永久脱毛の近い形を目指した場合の相場は、部位にもよりますが、下限が4万円で上限は23万円程度になります。

毛に照射するパワーは医療脱毛に比べて弱いとはいえ、8〜10回で自己処理が不要な状態に持っていくことができます。

脱毛サロンでは、施術後に生えてくることはある?

脱毛サロン Premium写真

光脱毛は、施術を繰り返すことで毛の成長がだんだん遅くなり、最終的にはほとんど生えてこなくなります。しかし、これも一過性もので、施術を止めてしまうと、しばらくするとまた毛が生えてくるようになります。

施術前の毛と比べて薄く弱々しい毛質ではありますが、多くの場合はまた生えてきます。医療脱毛にも言えることですが、特に光脱毛では定期的に施術をすることで、減毛を継続させ、永久脱毛に近い状態をキープしましょう。

費用と期間を定めて、自分にあった医療脱毛クリニックを選ぼう

永久脱毛ができる医療脱毛の価格相場やオススメのクリニックのほか、脱毛サロンの価格相場やポイントをお伝えしてきました。

繰り返しますが、医療脱毛のみならず、脱毛サロンでも永久脱毛に近い形へ持っていくことは可能です。

どのくらいの費用で永久脱毛したいのか、脱毛完了の期間はいつまでにしたいのか、というニーズに合わせ、自分に適した脱毛方法を選んでいきましょう